【この先10年を見据えよ】売れるサービス、バズる商品、流行るものって?

 

ハドソン
こんにちは、ハドソンです!!

 

ファーコ
こんにちは、ファーコです!!

 

ハドソン
近年は、本当にいろいろなビジネスの形が出てきていますね。

ネットショッピングの拡大、AIを使ったサービス、アプリを使ったサービス、VOD(ビデオオンデマンド)や音楽ストリーミングサービス、シェアリングサービス、SNSを使った広告等の拡大などなど

 

ファーコ
そうですね。本当にいろいろな要素が複雑に絡み合って、

売れる商品やサービスを生み出すには何をしたら良いのかが分かりづらくなっている…そんな印象を受けますね。

 

ハドソン
その通りです。そこで今回は、この先10年間にわたって売れる商品やサービスはどんなものなのか、ということを考察していきましょう!!

 

便利”すぎる”社会

 

ハドソン
ファーコさん、私たちの生活はどんどん便利になっていますが、どのように感じていますか?

 

ファーコ
本当に便利になってきたと感じています。

家から出なくてもネットで買い物ができますし、届くのも早くストレスがありません。

昔はCDやDVDをレンタルショップに借りに行っていましたが、今は月に1,000円くらいで動画見放題、音楽聞き放題のサービスがあってかなり楽になっています。

最近は外での買い物もキャッシュレスで済ませることが多くなりました。

 

ハドソン
その通りですね。

ここで、注目してほしいのは、これらのサービスは総じて、“質”は良いまま、 “簡単”で、”安い”ということです。

 

ファーコ
つまり何もかもデジタルで行うことによって、社会全体の効率が上がって、全員が得することができたということですね。

 

ハドソン
Yes!!

はっきり言って、今の社会は誰もがお得なサービスが確立されきっています。

この先、もっともっと便利になるとは思いますが、「便利さ」でビジネスをするには限界があります。何しろ、もう十分に便利なのですから。

 

ファーコ
では、この先売れるものとは、どんなものなのでしょうか?

 

今後流行っていく商品・サービスに不可欠なもの

 

ハドソン
いままで、消費者は物としての商品を求めてきましたが、それが徐々に“体験”を求めるようになってきているのは事実かと思います。

 

ファーコ
なるほど、CD→音楽サービスや、車→カーシェアリングなど、持ってなくても使えれば良いという意識に変わってきているのですね。

例えば、最近では賃貸のサービスもどんどん進化して、”家具や家電は備え付け”が当たり前になってきたみたいですよ。

▼興味があったら是非見てほしい記事!!

 

ハドソン
その通りですね。そして、その辺りで人々は思い始めます。

“便利なのはもうわかった。なんだかもっと刺激的なことが欲しいな、面白いことはないかなぁ”と。

 

ファーコ
なるほど、便利な社会で簡単に体験が味わえるようになった途端、さらなる”体験”や”刺激”を求めるようになってきているというところでしょうか。

 

ハドソン
その例として、少しずつ流行り始め、家庭にもどんどん普及すると考えられるのがVR(バーチャルリアリティ)です。

 

ファーコ
なるほど、あれは”新しい体験”として、流行り始めているものなのですね。

 

最後に:一番伝えたい考え

 

ハドソン
ここが、今日伝えたかった私の考えなのですが、

今後、商品やサービスで利益をあげたいと考えているのであれば、“ユーザーに新しい体験を提案する”というところが肝となってくるのではないでしょうか?

 

ファーコ
便利な商品やサービスの質だけでは限界があって、商品の使い方や感じ方に至るまで、ユーザーに提供していく必要があるということですね。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です